歯並びで顔つきまで良くなる!?矯正歯科 子どもの歯並び、気になりませんか? 歯並びで顔つきまで良くなる!?矯正歯科 子どもの歯並び、気になりませんか?

こんなお悩みございませんか?

歯列矯正っていつから始める?歯並びが悪くてガタガタしてる、出っ歯、受け口かも そんな方はありす歯科へ

もし歯並びが悪いままでいますと、ブラッシングで取りきれない汚れが多くなり虫歯・歯周病になりやすいお口になってしまうかもしれません。また、歯並びが悪いことで口元を隠して笑うことになるかもしれません。矯正歯科(治療)は安価な治療ではありませんが、小さいうちからの矯正の方がお子様の負担が少なく矯正できる可能性があります。

永久歯が生え揃ってからの矯正がいいの?

大人の歯がそろってから矯正する?
矯正歯科で治療する子供

矯正の負担を抑えるためには、永久歯が生え揃っていない時期から治療するのがオススメです。小さい時より歯並びを治すことは、お子さまの将来にとって非常に大きな利益になります。歯並びや噛み合わせの悪さは歯だけなく顎(骨格)に問題がある場合があります。小児矯正では、顎の発育する力を利用できる為に将来的に永久歯を抜歯せずに矯正治療できたり、お口の周りの筋肉を鍛えることでお顔のバランスを整えたりすることができます。小さい時より歯並びを治すことは、お子さまの将来にとって非常に大きな利益になります。

矯正には2種類あります

永久歯が生えそろう前の矯正を一期矯正といい、永久歯が生えそろった後の矯正を二期矯正といいます。お子様の歯並びでお悩み・不安がある方は早めに専門医に相談されることをお勧めします。

7歳から12歳まで一期矯正、13歳から二期矯正(本格矯正治療)

矯正をするメリット

永久歯の抜歯の可能性が減ります

乳歯(子供の歯)

顎の幅を広げ、成長を促す事により抜歯の可能性を減らす事ができます。成長後矯正治療をした場合2~4本の永久歯抜歯が必要な場合でも小児期に矯正治療を行う事によって非抜歯となる可能性もあります。

顎の左右のバランスを揃えることができます

噛み合わせ悪い女性

顎の成長期において左右のバランスが悪い噛み合わせとなっている場合、片方でばかり噛んでしまう事によって、顔の左右のバランスが崩れることがあります。小児期は噛み合わせを改善することにより噛みやすくなり、顎の成長のバランスを整えることが出来ます。

固定式装置をつける期間を短くする可能性があります

あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事によって、本格矯正が必要となった時、
治療期間を短くすることができます。

永久歯が生えそろう前の一期矯正、永久歯が生えそろった後の二期矯正、

コンプレックスが解消されるかもしれません

笑顔に自信がない女性

歯並びがよくないと将来的に自分の笑顔に自信が持てなかったりと、コンプレックスになってしまうことがあります。お子様のすこやかな成長のためにも矯正は非常にメリットになると考えております。

もちろん、一期治療の時期を逃してしまったから矯正はできないということはございません。歯並びを正すことで、見た目の印象の変化、歯周病・虫歯・口臭のリスクの減少、発音の改善の可能性などが挙げられます。お仕事をされている方などにも安心の、見えにくく目立ちにくい装置での矯正治療もございます。

矯正をするデメリット

期間が長い

矯正は基本1年以上かかります

歯並びが治るのには時間が掛かります。歯がきれいに並ぶためには家族がしっかりと矯正をする理由を理解して、本人に協力していただく必要があります。

第一期矯正(6歳?)から歯列矯正を行うことで、12歳までに矯正が終了することができたり、第2期矯正の期間を短くすることができます!

高価である

矯正歯科は保険が効かない治療です。初期の導入も高価であり、メンテナンスにも費用がかかってきます。医師とよく相談して治療方針を固めてから治療を開始しましょう。

当院は矯正専門医が在籍しております。価格以上のひとりひとりに合わせた最適な矯正治療をご提案いたします。

痛みを伴う場合がある

歯を動かすことで痛みが出る場合があります。基本的には矯正を続けていくことでこの痛みはなくなっていきますが、万が一の時は、ありす歯科までご相談下さい

痛みの少ないマウスピース矯正もございます。万が一痛みが出てしまう場合にもすぐに対応いたします。お気軽にご相談ください。

永久歯の抜歯の可能性があります

永久歯を抜歯をすることになる可能性があります。健康な歯を抜くことは本来なら行わないことです。ありす歯科の矯正専門医と相談して決めていきましょう。

1期矯正からはじめることにより、抜歯をしなくてすむケースが多いです。

◆おすすめ診療メニュー

◆診療メニュー

top